読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

yukibeauty

真面目な大人になる。記事、実況動画など日々更新しています。よろしくお願いします。

PSVRを購入して3日間体験した結果

こんにちは、yukibeautyです(^^)

今日は一段と肌寒くなってきました。雨もしとしと降って余計寒いです。

こんなときはコタツで包まってゴロゴロしたいですね。

と、思いながら仕事をしています。

先日10/13に発売されました「PSVR」購入して、数日遊んでみた感想をちょっと書いていきたいと思います。

PSVRとは

みなさん既にご存知かもしれませんが、ソニーインタラクティブエンタテインメント (SIE) が開発した仮想現実ヘッドセットです。正式名称はPlayStation VR(プレイステーション ヴィーアール)といいます。CGなのでバーチャルな世界、仮装現実を作り出しあたかもその世界にいるような感覚にさせてくれます。

PSVR単体ですと44,980円+税

PSVR+カメラセットですと49,980円+税

になります。

遊んだ感想

そして、僕はカメラセットを購入しました。最初は量販店のホームページなので予約を待っていたのですが予約が始まるとホームページはアクセス過多の為、超絶重くなり全然予約できませんでした(汗)

だいだい3回ぐらい予約期間が分けられてまして、最後の予約チャンスが到来し「今だ!!」って言う所で量販店のホームページアクセスしましたが撃沈。。。しかし当日、池袋のヤマダ電機に行ったら普通に店舗で予約出来ました笑

やはり直接店舗予約も選択に入れといた方がいいかもしれません。

予約が終わり発売日を期待しつつ待ち、、、一ヶ月ぐらい経ち10/13店舗へGO!!

PSVRを抱えて一心不乱で家へ帰りました、後からその光景を思い出すと自分相当キモいなと思いました。

そして、いざ開封!

第一印象は結構大きいという印象を受けました、ただ重量はそんなに重くはないです。またメガネを掛けながらもプレイが出来ます。自分は近眼なので普段家にいるときはメガネ着用なので安心しました。

まず、最初にプレイしたのが「シン・ゴジラ」です、無料コンテンツになります。

20160614-govr-01

シン・ゴジラ?」と思われると思いますが、こちら単なるスペシャルデモコンテンツになります。実際に操作して戦うとかそーいうゲームではありません、純粋にVRでド迫力なゴジラを眺める映像のみです。

始まりが既にゴジラに侵略されている都市の中で周りのビルがほとんど崩れています。自分はその中にある道路で倒れています、怪我しているのか腰抜けているのかわかりませんが動くことは出来ませんでした。そこでゴジラが目の前をよぎり大きな尻尾を振ってきます。至近距離だったので迫力は有りました、最後には火の玉?らしきものをこちらに吐き飛ばし終了〜って感じでした。VRの感じだけ体験したい!という方はオススメですね、自分自身動くことないので3D酔する心配はないかと思います。

次にプレイしたのは「VR Demo Disc」です。こちらは何種類かのVRゲームが一つになっているコンテンツです。全ては遊んでいませんがそのうちのレーシングを遊んでみました。ゲームが始まると先ずカメラの視点を選択出来ます座席からなのか横からの視点なのか。自分は取り敢えず座席視点で遊んでみましたが四方八方の景色が車の中にいるみたいです!ルームミラーもサイドミラーもちゃんと映っているのが確認できます。窓側を振り向けば外を見ることも出来ますし隅々まで再現されていました。アクセル、ブレーキなどはコントローラで操作します。プレイして5分ぐらい経ったのですが自分は酔いました。。。ゲームで初めて酔いましたね、今までは3D酔はしたことないんですが悔しいです。クリアまで頑張りましたがキツイのでもう遊びません笑

最後に一番楽しみにしていた「サマーレッスン」をプレイしました。

自分は女子高校生の家庭教師になって勉強を教えるという内容です。その教師の視点になって女子高校生を舐め回すように見ることができます。こちら実際に移動とかないので酔わなかったです。一番期待していたパンチラとかあるのかと思い頑張って覗いたのですが見れませんでした。。。無念。もし見れたからご一報くださると助かりますm(_ _)m

という感じ一通り遊んで見ましたが個人的には大満足ですね。ちょっとお値段ハリますがこのクオリティであれば文句はないと思います。一点ワガママをいうと画質がもうちょっと良ければというところですかね。ただコレは致し方ないかなと、もう1、2年すれば4Kとかで遊べるでしょう笑

あとは今後どのようなゲームがVRに対応してくるか凄く楽しみです!(^^)

もしご興味あるかた是非一度店頭とかで試して遊んでみてはいかがでしょうか。

では、このへんで!